レーシックを知ろう

レーシックで失敗しないようにレーシックを知ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーシックの満足度

レーシックなどの近視矯正治療を受けられた方々は、治療後の視力にどの程度満足するのでしょうか。
クリニックにもよりますが、ちゃんとしたクリニックであれば、レーシック前のカウンセリングと診察の際、さまざまな資料を用いたりして、治療後にどれくらいの視力が出るかなどだけでなく、レーザー治療の問題点や、副作用、合併症などについても説明をしてくれるそうです。
レーシックなどのレーザー治療には、視力が思うように出ないことがあります。レーザー治療の前に、しっかりと説明を受けて、充分に納得してレーシックに臨まないと、治療後に後悔することになりかねません。
レーシックを受けたからといって、視力が1.0になるわけではありません。現在の自分を理解し、治療後にどれくらいの視力になるのかよく理解するために、クリニックでよく相談する必要があります。
PRK、レーシックとも光が通過する角膜中央部にレーザー照射をして、治療をします。レーシックは翌日から視力の回復が見込まれますが、PRKでは上皮細胞の再生に時間がかかるため、レーシックよりも時間がかかるのです。
強度近視などの状況になる方は、とにかく裸眼で生活できれば満足という方も多いようです。ただ、レーシックで3ヶ月以上たっても見えないようであれば、再治療を検討する必要があります。
レーシックは治療後の回復も早く、度数の強くない近視では6ヶ月以上経過すると視力はほとんど変化しないからです。
PRKはレーシックと異なり、角膜上皮が再生するのに3~4日程度かかります。徐々に見えてくるようになるのです。ただし、稀ではありますが1ヵ月後からやや混濁が出ることもあります。また、夜間、光がぼやけるハロが出ることもありますが、これらは特に心配はありません。通常は3ヶ月を経過したくらいから軽減してきます。
レーシック、PRKどちらの治療方法でも治療後に遠視となる可能性があります。しかし、若干の遠視になったとしても、遠くがよく見えるので通常、患者さんは非常に満足します。ただし、年齢の高い方や、近くを見る事務系の方は眼の疲れを感じるようになります。そうした場合には、遠視を矯正しなければならなくなります。
レーシックを受けた方の95%以上の方が満足したと感じるようです。レーシックで満足できなかった人の中には、過矯正気味のコンタクトレンズを使用していたため、レーシック後の見え方に物足りなさを感じることがあるようです。
PRKにしろ、レーシックにしろ理想の視力に間違い無くなれるという治療法ではないのです。もしレーシックなどの屈折治療を受けようと思うのであれば、問題点や副作用などをクリニックでしっかりと確認して理解しておくことが必要なのです。
また、レーシック前の診察の際に自分の眼が治療に適しているのかどうか、説明をよく聞いて理解し、自分自身で最終的な判断をしなければなりません。そうすれば、レーシック治療後に自分の眼の状態をしっかりと受けとめることができるようになり、レーシック治療を受けてよかったと思えるようになるはずです。

スポンサーサイト

PageTop

レーシック後の診察

レーシックの治療の次の日には検診が行なわれます。すでにフラップ作成の傷跡はなくなっています。また視力も回復しています。しかし、一時的な遠視状態になっているので、遠くはよく見えるのですが、近くが見えにくい状態になっています。
レーシック後1週間で、2回目の検診です。レーシックを受ける前に、中程度の近視だった人までは、予定の視力に近づいています。また、遠視気味だった眼も落ち着いてきており、近くを見ても疲れにくくなっています。眼の痛みもほとんどありません。
まれに、暗くなると、光の周辺がぼやけてしまうハロが現れる方もいるようですが、この現象はレーシックのレーザーが角膜中心に当てたれたことによるもので、3ヶ月程度で収まります。
個人差もありますが、レーシック後1ヶ月検診では、ほとんどの方が予定の視力に達しています。レーシックの矯正効果が弱く再治療するかどうかは3~6ヶ月検診で判断します。
レーシックの治療後に思ったような視力にならず、レーシックを再度受けるというケースもあるようですが、その割合は3~4%となっているようです。直近のデータだけに限っていえば、レーシックで再治療になる割合は1%未満になっているというデータもあるようです。
レーシック後3ケ月検診では、夜間視力の低下を訴える人は少なくなり、かなり視力が安定しています。多少の夜間視力の低下の自覚がある場合もありますが、あまり問題のない程度に落ち着いてくるようです。
最後に6ヶ月検診が行なわれます。3ヶ月検診で近視気味だった患者さんも改善していることがあります。しかし、レーシックでは3ヶ月検診のデータとあまり変化がおきていることは少なく、すでに傷も安定していることが期待できます。
レーシックを受けて、再度視力が低下するということはあまり考えられません。ただし、長時間パソコンなどのモニタを見て仕事をするような方の場合は、適応現象として、視力が落ちてくるということもあります。そういう可能性のある方の場合は、軽い遠視用のメガネをかけるなどして仕事をするのが望ましいといえます。
遠視用のメガネはほとんど板ガラスと変りません。プラス1.25の薄いものです。こうしたメガネを使用しなくても、遠くも近くも裸眼で見えますが、角膜が安定するレーシック後半年位までの間は、裸眼で長時間近くを見ないほうが望ましいのです。
一方、レーシック治療後、遠視が発生した場合には再矯正が必要になることがあります。ただし、年齢が進むと水晶体がやや薄くなり、屈折力が弱くなるので、レーシック治療を受けていない人でも若干遠視気味になります。
つまり、高齢で、レーシックを受けようと思っている方は、あまり視力を出す必要は無いのかも知れませんね。
また、老眼が気になる方のレーシックでは、通常よりも照射度数を軽くしてインプットします。そうすることによって、知覚を楽に見ることができるようにします。遠くは少し物足りないかもしれませんが、老眼は近くを見るのが辛いですからね。こうした調整は初診の際にしっかり問い打ち合わせるようにします。

PageTop

レーシックの手順

クリニックによってレーシックにはさまざまな方法がありますが、広く行われているレーシックの方法は以下のようになっています。
1.レーシック治療専用のベッドに横になり、頭部を動かないように固定します。
2.レーシックを受ける眼の近辺を念入りに消毒します。
3.レーシックの施術を受ける眼に局所麻酔をします.
4.レーシックで利用するマイクロケラトームがスムーズに使用できるよう、開瞼器を装着し、瞼を開放した状態にします。
5.瞳孔の中心とフラップ作成の後の場所を確認するためにマーキングをします。
6.フラップを作成するIブレードの作動と「ヒンジ」というフラップ接合部の大きさを確認した後、レーシック用のマイクロケラトームを眼に固定します。吸引を開始し、吸引圧力を確認した後、フットスイッチを入れます。すると、レーシック用マイクロケラトームに内蔵されたステンレスのブレードが高速で振動しながら一定の速度で進んでいき、フラップを追っていきます。ブレードはヒンジを残して止まり、元の位置に後退します。
7.作成したフラップをめくり、フラップの裏面が乾燥してしまわないように工夫を施し、フラップを固定します。角膜実質面の水分を除き、患者さんの眼のセンタリングを確認します。このときからレーシックを終了するまでは、眼には光が入ってくるだけで、何も見えない状態になります。
8.レーザー照射音を聞かされ、レーシックのレーザー音に慣れておきます。何秒照射するかなどの説明を受け、テスト音を聞きます。その後、眼が動かないようにレーシック用の器具で固定され、レーザーが照射されます。照射時間は矯正の度数によって異なります。
9.フラップが先ほど印されたマーキングに合わせて戻され、レーシック用の特殊な器具により、洗浄されます。この洗浄が不十分だと金属粉等の異物や角膜上皮細胞が残ってしまうため、治療用顕微鏡で確認しながら念入りに行なわれます。表面の余分な水分をレーシック用のスポンジで吸収させてから、角膜を数分乾燥させ、フラップを装着します。
10.フラップの接着確認後、レーシック用の抗炎症剤と感染防止用の目薬を点眼して終了となります。この時すでに裸眼視力で0.5程度まで回復していることもあります。
レーシック後は眼を閉じて1~2時間程度安静にします。その後、診察を受けてフラップの状態を再確認し問題が無ければ、保護用メガネをして、帰宅できます。レーシックの治療後の眼の状態をモニターで確認することも可能で、見てみると、フラップ痕とその影を見て取ることができます。

PageTop

レーシックが主流になったわけ

今後、近視レーザー治療はどのような進歩をしていくのでしょうか。
エキシマレーザーを使用した近視治療であるPRKは、欧米では次第にレーシックに主役の座を奪われてきています。
理由としては、PREはレーシックと比較すると欠点があり、レーザ治療後に痛みが続くことや、ボーマン膜が失われるなどの指摘がなされいるということもあります。
しかし、レーシックがPRKにとってかわった最大の理由はPRKは強度近視の矯正後に発生する角膜混濁を避けることができないということです。
どんなに精密なレーザー装置を使用しても、レーシックと違い、わずかですが一部の患者さんには、しばらくの間混濁が続いてしまうのです。
混濁が生じた場合でも、ほとんどが半年ほどで消えるのですが、矯正効果が下がってしまうのです。
残念ながらPRKではレーシックと違い、こうした点が克服できていません。
こうしたことから、近視治療もPRKからレーシックが主流となってきています。
レーシックは元来、強度の近視に使用されてきましたが、現在のレーシックは、軽度から、強度の近視まで幅広く対応することが可能となっています。
そのため、将来的には屈折異常のレーザー治療はほとんどレーシックになると思われます。
コンタクトレンズなどを使用している方でも、手入れのわずらわしさなどの理由からで、気軽にレーシックを受けられるようなところまで技術は進んでいます。
レーシックのことをしっかりと学んで、実績のあるクリニックで治療を受ければ、近視や遠視から解放されますよ!

PageTop

レーシックとPRKの違い

PRKとレーシックの違いを見てみましょう。
PRKやレーシックに使用される、エキシマレーザーは、ハロゲンと稀ガスの化合物を用いたレーザーで、1980年代から眼科治療に用いられています。
エキシマレーザーはレーザー特有の衝撃波や高熱による組織破壊が比較的少ないため、PRKやレーシックの際に、角膜の前面照射用として使われており、その特性からコールドレーザーとも言われています。
キシマレーザーを使うと角膜をきれいに加工することが可能となるためPRKやレーシックに使用されます。
PRKは角膜に高い出力で発生させたエキシマレーザー(半導体で行うPRKもあります)を直接照射し、角膜中央部の組織を気化蒸散(タンパクの分子結合を分解)させます。そして、角膜の形状を変化させ、屈折矯正を行う治療法です。
PRKはFDAの認可を受けたエキシマレーザーを使用し、正しく行われれば、安全性の大変高い治療法であります。
ただし、角膜上皮が通常よりも厚く生成してしまい、矯正の効果が低くなることがあります。
仮に、上皮が厚く再生していまい、低矯正になってしまったとしても、PTKとPRKまたはレーシックいずれかの方法で再矯正を行うことができるので、特に心配する必要はありません。
レーシックとは、まず角膜をマイクロケラトームという特殊な器械で薄くめくります。そして、はがされた角膜の組織にレーザーを当てて屈折矯正を行う治療法です。
従来、レーシックは強度近視の矯正に適するとされていました。
しかし、レーシックはPRKと比較して、角膜混濁の発生がまず起こりません。また、レーシックは治療後の視力もPRKよりも安定し、回復も早いことなど、PRKよりも有利な点が多いため注目を集めるようになってきました。
現在では、比較t的軽度の近視矯正にもレーシックが実施され、屈折治療と言えば、レーシックと言われるようになったのです。

PageTop

レーシックの基礎

人が遠くの景色を見ている時、遠くからの光は、角膜、虹彩、水晶体、硝子体の順に通過し、網膜で像を結びます。
光は角膜と水晶体で曲げられ、正常な眼であれば網膜上で一点に結ぶが、近視・遠視・乱視のある人は網膜の手前か後ろにピントがずれてしまうのです。
この近視・遠視・乱視をまとめて屈折異常といい、この度合いを表す単位をD(ディオプター)で略記します。
屈折異常を矯正するためにはメガネやコンタクトを使用するほか、屈折治療を行い、光の屈折を調整して焦点を合わせる方法があります。
レーザー治療が、近年この屈折治療の主流になってきています。
レーザー治療には、PRKとレーシックとがあります。
メガネやコンタクトレンズによる矯正が一般的な日本でも、先進国で一般的に行なわれている屈折治療のPRKやレーシックが注目されるようになって来ました。
目の部位の中で、最も光を曲げる部位である角膜の形状を変化させることにより、PRKやレーシックなどの屈折治療は、視力を矯正します。
PRK(ピーアールケー)とは、Photorefractive Keratedomyの略称で、エキシマレーザーを面照射して角膜中央部の形を変化させることで屈折度合いを調節する治療です。
レーシックとは、マイクロケラトームという器具を使用し、角膜の表面を薄くはがしフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜の中心に当てた後、フラップを戻して屈折の度合いを調整する方法です。
マキシマレーザーとは、進行方向と波長が一定で強いエネルギーを持った光の集まりのことで医療分野をはじめさまざまな分野で広く活用されています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。