レーシックを知ろう

レーシックで失敗しないようにレーシックを知ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーシックの基礎

人が遠くの景色を見ている時、遠くからの光は、角膜、虹彩、水晶体、硝子体の順に通過し、網膜で像を結びます。
光は角膜と水晶体で曲げられ、正常な眼であれば網膜上で一点に結ぶが、近視・遠視・乱視のある人は網膜の手前か後ろにピントがずれてしまうのです。
この近視・遠視・乱視をまとめて屈折異常といい、この度合いを表す単位をD(ディオプター)で略記します。
屈折異常を矯正するためにはメガネやコンタクトを使用するほか、屈折治療を行い、光の屈折を調整して焦点を合わせる方法があります。
レーザー治療が、近年この屈折治療の主流になってきています。
レーザー治療には、PRKとレーシックとがあります。
メガネやコンタクトレンズによる矯正が一般的な日本でも、先進国で一般的に行なわれている屈折治療のPRKやレーシックが注目されるようになって来ました。
目の部位の中で、最も光を曲げる部位である角膜の形状を変化させることにより、PRKやレーシックなどの屈折治療は、視力を矯正します。
PRK(ピーアールケー)とは、Photorefractive Keratedomyの略称で、エキシマレーザーを面照射して角膜中央部の形を変化させることで屈折度合いを調節する治療です。
レーシックとは、マイクロケラトームという器具を使用し、角膜の表面を薄くはがしフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜の中心に当てた後、フラップを戻して屈折の度合いを調整する方法です。
マキシマレーザーとは、進行方向と波長が一定で強いエネルギーを持った光の集まりのことで医療分野をはじめさまざまな分野で広く活用されています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【硝子体】

硝子体硝子体(しょうしたい)は、目|眼球の機関の一つで、水晶体の後方にあり、内腔をうめる透明なゼリー状の組織。タンパク質(コラーゲン)からできており、網膜に包まれている。また眼球の外側を覆う強膜とともに眼球の形を保つ役割を担う。ガラス体ともいう。.wikilis{

コンタクトレンズのマメ知識 2007年03月13日(Tue) 00:02


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。