レーシックを知ろう

レーシックで失敗しないようにレーシックを知ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーシックが主流になったわけ

今後、近視レーザー治療はどのような進歩をしていくのでしょうか。
エキシマレーザーを使用した近視治療であるPRKは、欧米では次第にレーシックに主役の座を奪われてきています。
理由としては、PREはレーシックと比較すると欠点があり、レーザ治療後に痛みが続くことや、ボーマン膜が失われるなどの指摘がなされいるということもあります。
しかし、レーシックがPRKにとってかわった最大の理由はPRKは強度近視の矯正後に発生する角膜混濁を避けることができないということです。
どんなに精密なレーザー装置を使用しても、レーシックと違い、わずかですが一部の患者さんには、しばらくの間混濁が続いてしまうのです。
混濁が生じた場合でも、ほとんどが半年ほどで消えるのですが、矯正効果が下がってしまうのです。
残念ながらPRKではレーシックと違い、こうした点が克服できていません。
こうしたことから、近視治療もPRKからレーシックが主流となってきています。
レーシックは元来、強度の近視に使用されてきましたが、現在のレーシックは、軽度から、強度の近視まで幅広く対応することが可能となっています。
そのため、将来的には屈折異常のレーザー治療はほとんどレーシックになると思われます。
コンタクトレンズなどを使用している方でも、手入れのわずらわしさなどの理由からで、気軽にレーシックを受けられるようなところまで技術は進んでいます。
レーシックのことをしっかりと学んで、実績のあるクリニックで治療を受ければ、近視や遠視から解放されますよ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボーマン膜ボーマン膜(ボーマンまく)とは、眼球の前面を覆う角膜を構成する膜。外境界膜。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

(目)のすべて 2007年09月29日(Sat) 19:26


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。