レーシックを知ろう

レーシックで失敗しないようにレーシックを知ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーシック後の診察

レーシックの治療の次の日には検診が行なわれます。すでにフラップ作成の傷跡はなくなっています。また視力も回復しています。しかし、一時的な遠視状態になっているので、遠くはよく見えるのですが、近くが見えにくい状態になっています。
レーシック後1週間で、2回目の検診です。レーシックを受ける前に、中程度の近視だった人までは、予定の視力に近づいています。また、遠視気味だった眼も落ち着いてきており、近くを見ても疲れにくくなっています。眼の痛みもほとんどありません。
まれに、暗くなると、光の周辺がぼやけてしまうハロが現れる方もいるようですが、この現象はレーシックのレーザーが角膜中心に当てたれたことによるもので、3ヶ月程度で収まります。
個人差もありますが、レーシック後1ヶ月検診では、ほとんどの方が予定の視力に達しています。レーシックの矯正効果が弱く再治療するかどうかは3~6ヶ月検診で判断します。
レーシックの治療後に思ったような視力にならず、レーシックを再度受けるというケースもあるようですが、その割合は3~4%となっているようです。直近のデータだけに限っていえば、レーシックで再治療になる割合は1%未満になっているというデータもあるようです。
レーシック後3ケ月検診では、夜間視力の低下を訴える人は少なくなり、かなり視力が安定しています。多少の夜間視力の低下の自覚がある場合もありますが、あまり問題のない程度に落ち着いてくるようです。
最後に6ヶ月検診が行なわれます。3ヶ月検診で近視気味だった患者さんも改善していることがあります。しかし、レーシックでは3ヶ月検診のデータとあまり変化がおきていることは少なく、すでに傷も安定していることが期待できます。
レーシックを受けて、再度視力が低下するということはあまり考えられません。ただし、長時間パソコンなどのモニタを見て仕事をするような方の場合は、適応現象として、視力が落ちてくるということもあります。そういう可能性のある方の場合は、軽い遠視用のメガネをかけるなどして仕事をするのが望ましいといえます。
遠視用のメガネはほとんど板ガラスと変りません。プラス1.25の薄いものです。こうしたメガネを使用しなくても、遠くも近くも裸眼で見えますが、角膜が安定するレーシック後半年位までの間は、裸眼で長時間近くを見ないほうが望ましいのです。
一方、レーシック治療後、遠視が発生した場合には再矯正が必要になることがあります。ただし、年齢が進むと水晶体がやや薄くなり、屈折力が弱くなるので、レーシック治療を受けていない人でも若干遠視気味になります。
つまり、高齢で、レーシックを受けようと思っている方は、あまり視力を出す必要は無いのかも知れませんね。
また、老眼が気になる方のレーシックでは、通常よりも照射度数を軽くしてインプットします。そうすることによって、知覚を楽に見ることができるようにします。遠くは少し物足りないかもしれませんが、老眼は近くを見るのが辛いですからね。こうした調整は初診の際にしっかり問い打ち合わせるようにします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。