レーシックを知ろう

レーシックで失敗しないようにレーシックを知ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーシックの満足度

レーシックなどの近視矯正治療を受けられた方々は、治療後の視力にどの程度満足するのでしょうか。
クリニックにもよりますが、ちゃんとしたクリニックであれば、レーシック前のカウンセリングと診察の際、さまざまな資料を用いたりして、治療後にどれくらいの視力が出るかなどだけでなく、レーザー治療の問題点や、副作用、合併症などについても説明をしてくれるそうです。
レーシックなどのレーザー治療には、視力が思うように出ないことがあります。レーザー治療の前に、しっかりと説明を受けて、充分に納得してレーシックに臨まないと、治療後に後悔することになりかねません。
レーシックを受けたからといって、視力が1.0になるわけではありません。現在の自分を理解し、治療後にどれくらいの視力になるのかよく理解するために、クリニックでよく相談する必要があります。
PRK、レーシックとも光が通過する角膜中央部にレーザー照射をして、治療をします。レーシックは翌日から視力の回復が見込まれますが、PRKでは上皮細胞の再生に時間がかかるため、レーシックよりも時間がかかるのです。
強度近視などの状況になる方は、とにかく裸眼で生活できれば満足という方も多いようです。ただ、レーシックで3ヶ月以上たっても見えないようであれば、再治療を検討する必要があります。
レーシックは治療後の回復も早く、度数の強くない近視では6ヶ月以上経過すると視力はほとんど変化しないからです。
PRKはレーシックと異なり、角膜上皮が再生するのに3~4日程度かかります。徐々に見えてくるようになるのです。ただし、稀ではありますが1ヵ月後からやや混濁が出ることもあります。また、夜間、光がぼやけるハロが出ることもありますが、これらは特に心配はありません。通常は3ヶ月を経過したくらいから軽減してきます。
レーシック、PRKどちらの治療方法でも治療後に遠視となる可能性があります。しかし、若干の遠視になったとしても、遠くがよく見えるので通常、患者さんは非常に満足します。ただし、年齢の高い方や、近くを見る事務系の方は眼の疲れを感じるようになります。そうした場合には、遠視を矯正しなければならなくなります。
レーシックを受けた方の95%以上の方が満足したと感じるようです。レーシックで満足できなかった人の中には、過矯正気味のコンタクトレンズを使用していたため、レーシック後の見え方に物足りなさを感じることがあるようです。
PRKにしろ、レーシックにしろ理想の視力に間違い無くなれるという治療法ではないのです。もしレーシックなどの屈折治療を受けようと思うのであれば、問題点や副作用などをクリニックでしっかりと確認して理解しておくことが必要なのです。
また、レーシック前の診察の際に自分の眼が治療に適しているのかどうか、説明をよく聞いて理解し、自分自身で最終的な判断をしなければなりません。そうすれば、レーシック治療後に自分の眼の状態をしっかりと受けとめることができるようになり、レーシック治療を受けてよかったと思えるようになるはずです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Visian ICLs, a Better Choice than PRK Corrective Eye Surgery に行ってみて

Visian ICLs, a Better Choice than PRK Corrective Eye Surgery に行ってみて

レーシックの手術動画 必見です 2007年05月15日(Tue) 20:34


レーシック術後検査,lasik を知っておいた方がいい

レーシック術後検査,lasik を知っておいた方がいい

レーシックの手術動画 必見です 2007年05月21日(Mon) 03:00


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。