レーシックを知ろう

レーシックで失敗しないようにレーシックを知ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーシックとPRKの違い

PRKとレーシックの違いを見てみましょう。
PRKやレーシックに使用される、エキシマレーザーは、ハロゲンと稀ガスの化合物を用いたレーザーで、1980年代から眼科治療に用いられています。
エキシマレーザーはレーザー特有の衝撃波や高熱による組織破壊が比較的少ないため、PRKやレーシックの際に、角膜の前面照射用として使われており、その特性からコールドレーザーとも言われています。
キシマレーザーを使うと角膜をきれいに加工することが可能となるためPRKやレーシックに使用されます。
PRKは角膜に高い出力で発生させたエキシマレーザー(半導体で行うPRKもあります)を直接照射し、角膜中央部の組織を気化蒸散(タンパクの分子結合を分解)させます。そして、角膜の形状を変化させ、屈折矯正を行う治療法です。
PRKはFDAの認可を受けたエキシマレーザーを使用し、正しく行われれば、安全性の大変高い治療法であります。
ただし、角膜上皮が通常よりも厚く生成してしまい、矯正の効果が低くなることがあります。
仮に、上皮が厚く再生していまい、低矯正になってしまったとしても、PTKとPRKまたはレーシックいずれかの方法で再矯正を行うことができるので、特に心配する必要はありません。
レーシックとは、まず角膜をマイクロケラトームという特殊な器械で薄くめくります。そして、はがされた角膜の組織にレーザーを当てて屈折矯正を行う治療法です。
従来、レーシックは強度近視の矯正に適するとされていました。
しかし、レーシックはPRKと比較して、角膜混濁の発生がまず起こりません。また、レーシックは治療後の視力もPRKよりも安定し、回復も早いことなど、PRKよりも有利な点が多いため注目を集めるようになってきました。
現在では、比較t的軽度の近視矯正にもレーシックが実施され、屈折治療と言えば、レーシックと言われるようになったのです。

PageTop

レーシックの基礎

人が遠くの景色を見ている時、遠くからの光は、角膜、虹彩、水晶体、硝子体の順に通過し、網膜で像を結びます。
光は角膜と水晶体で曲げられ、正常な眼であれば網膜上で一点に結ぶが、近視・遠視・乱視のある人は網膜の手前か後ろにピントがずれてしまうのです。
この近視・遠視・乱視をまとめて屈折異常といい、この度合いを表す単位をD(ディオプター)で略記します。
屈折異常を矯正するためにはメガネやコンタクトを使用するほか、屈折治療を行い、光の屈折を調整して焦点を合わせる方法があります。
レーザー治療が、近年この屈折治療の主流になってきています。
レーザー治療には、PRKとレーシックとがあります。
メガネやコンタクトレンズによる矯正が一般的な日本でも、先進国で一般的に行なわれている屈折治療のPRKやレーシックが注目されるようになって来ました。
目の部位の中で、最も光を曲げる部位である角膜の形状を変化させることにより、PRKやレーシックなどの屈折治療は、視力を矯正します。
PRK(ピーアールケー)とは、Photorefractive Keratedomyの略称で、エキシマレーザーを面照射して角膜中央部の形を変化させることで屈折度合いを調節する治療です。
レーシックとは、マイクロケラトームという器具を使用し、角膜の表面を薄くはがしフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜の中心に当てた後、フラップを戻して屈折の度合いを調整する方法です。
マキシマレーザーとは、進行方向と波長が一定で強いエネルギーを持った光の集まりのことで医療分野をはじめさまざまな分野で広く活用されています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。